7 of 8

具象と抽象 - 陽と陰の狭間 / Abstract and Concrete - Between Yin and Yang

teamLab, 2021, Interactive Digital Nature, Sound: Hideaki Takahashi

具象と抽象 - 陽と陰の狭間 / Abstract and Concrete - Between Yin and Yang

teamLab, 2021, Interactive Digital Nature, Sound: Hideaki Takahashi

偕楽園の好文亭の前に広がる松やつつじの庭園の「陽の世界」と、クマザサ、大杉森、孟宗竹林が茂る幽暗閑寂な「陰の世界」の境界にある作品。


人々が作品の中に入り止まってしばらくすると、新たな線の集合が生まれて広がっていく。

作品によって、森は平面のレイヤーとなる。


作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。