1 of 8

呼応する小宇宙 - 液化された光の色, Sunrise and Sunset / Resonating Microcosms - Liquified Light Color, Sunrise and Sunset

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

呼応する小宇宙 - 液化された光の色, Sunrise and Sunset / Resonating Microcosms - Liquified Light Color, Sunrise and Sunset

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

* 本展覧会は日没後の開催ですが、この作品は日中でも植物園内にてご覧いただけます。
日中と日没後で作品の内容が変わり、作品が輝くのは日没後になります。


日の出と共に、ovoid(卵形体)は、周りの世界を映しはじめる。人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ、自ら立ち上がる。その周辺のovoidも次々に呼応し、同じ音色を響かせながら、連続していく。

日の入りと共に、ovoidは、自ら光り輝き出す。人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ、その音色特有の光を輝かせ、自ら立ち上がる。その周辺のovoidも次々に呼応し、同じ音色を響かせ、同じ光を輝かせ、連続していく。そして、周辺の《呼応する木々》も呼応し、同じ色に変化し音色を響かせながら、変化していく。

ovoidは、風が静かで人々が何もしない時、ゆっくりと明滅をはじめる。
ovoidは、光だからこそ発色できる57色の「液化された光の色」で変化していく。