花の森、埋もれ失いそして生まれる / Flower Forest: Lost, Immersed and Reborn

teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

花の森、埋もれ失いそして生まれる / Flower Forest: Lost, Immersed and Reborn

teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

空間には複数の季節が同時に存在し、それらがゆっくりと移り変わっていく。 1年間の花々は、移り変わっていく季節に合わせて、生まれる場所がゆっくりと移り変わっていく。 花は、生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、死んでいく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける。 人々がじっとしていれば、その付近の花々は普段より多く生まれ、咲渡る。人々が花に触れたり、踏むと、いっせいに散って死んでいく。 作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。