teamlab

チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい

2019.4.20(土) - 6.16(日)
姫路市立美術館 兵庫

作品

来場のご案内

会場情報

展示名
チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい
会期
2019.4.20(土) - 6.16(日)
時間
10:00 – 17:00 (最終入場 16:30)

※4.27(土)から5.6(月)までは下記
10:00 – 18:00 (最終入場 17:30)
休み
月曜日
※ただし、4.29(月)、5.6(月)は開館
料金

通常券

一般 1,400円

大高生 1,000円

中小生 600円 

未就学児 無料 


団体券(20名以上)

一般 1,200円

大高生 800円

中小生 400円 

未就学児 無料 


チケット販売:

プレイガイド、コンビニエンスストア

チケットぴあ(Pコード: 992-130)

ローソンチケット(Lコード: 53564)

セブンーイレブン

イープラス

CNプレイガイドなどの主要プレイガイド

コンビニエンスストア


姫路市立美術館
当日券のみ販売

展覧会アドバイザー

南條史生(美術評論家・森美術館館長)

特別協力

Pace Gallery
高橋コレクション

注意事項

混雑状況に応じて、入場を規制させていただきます。

時間に限りがありますので、予定人数を超えた場合、ご来場いただいてもご入場いただけない場合もございます。

内容は急遽変更になる可能性がございます。

お問い合わせ
姫路市立美術館 
Tel. 079-222-2288

アクセス

住所

姫路市立美術館 企画展示室
兵庫県姫路市本町68-25
Map

JR・山陽電車姫路駅より、神姫バス⑦または⑧乗り場から[3、4、5、61、62、64、81、82、84、86番]乗車約8分
「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。
姫路駅より徒歩約20分。

詳しくはこちら

お問い合わせ

チケット

チケット購入

アーティスト
チームラボ
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International.

Biographical Documents
teamlab.art
兵庫県内で最初に登録された公立博物館。建物の歴史は古く、西館(南北棟)は明治38年頃、北館(東西棟)は大正2年に旧日本陸軍第十師団倉庫として建設された。戦後は昭和22年に姫路市役所として転用され、昭和55年の市役所移転にともない、近現代美術を扱う市立美術館として改装され昭和58年に開館。



煉瓦造りの建物は近代遺産として平成15年に国の登録有形文化財となり、天空に輝く世界文化遺産・国宝姫路城の麓に煉瓦色の館が寄り添う、世界でも稀有な景観を形成している。開館以来、世紀を跨いで市民のための美の殿堂となってきた。



平成30年8月より7ヶ月間、「人にも、モノにも、やさしい環境を整える」をモットーに改修を行い、開館37年目、記念すべきリニューアル記念特別展として、「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」を開催。

  • 主催
    姫路市立美術館
    株式会社神戸新聞
    株式会社サンテレビジョン
    竹田印刷株式会社
  • 協賛
    鹿島建設株式会社
  • 後援
    ラジオ関西