teamlab

チームラボ 大歩危小歩危 渓谷に咲く花

2016.10.08(土) - 10.10(月)
小歩危峡 白川橋付近 徳島, 日本

来場のご案内

展示名
チームラボ 大歩危小歩危 渓谷に咲く花
会期
2016.10.08(土) - 10.10(月)
会場
小歩危峡  白川橋付近(三好市山城町重実白川)
開館時間
18:00~21:00
上映スケジュール(各20分) 18:00/18:30/19:00/19:30/20:00/20:30 
シャトルバス運行時間
16:45/17:45/18:15/18:45/19:15/19:50(片道30分/上映後復路あり)
シャトルバス乗り場:三好市池田総合体育館よこ(徳島県三好市池田町2551-1)
※会場には駐車場はございません
※参加者は全員シャトルバス(無料)での送迎を致します。
※一回の上映につき、送迎人数の上限は100名です。先着順で整理券を配 布致します。 ※上映会場周辺には参加者向けの駐車場はございません。必ずシャトルバスをご利用ください。
※阿波池田駅からシャトルバス乗り場および臨時駐車場〈駐車台数: 約300台(無料)〉までは徒歩10分。
料金
無料

主催
徳島県
共催
とくしまLED・デジタルアート実行委員会
企画協力
チームラボ
演出
チームラボ

ABOUT teamLab

  • チームラボ

    アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

    チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

    チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ・フィンランド)に永久収蔵されている。

    Biographical Documents

    teamlab.art