NEWS

Featured on SAISON AMERICAN EXPRESS CARD NEWS, Dec, 2018

チームラボがつくる 未来のカタチ

チームラボがつくる
未来のカタチ
デジタルアートで世界を舞台に活躍するチームラボ
その代表を務める猪子寿之さんに、個性と才能に溢れるスペシャリストたちがつくる
21世紀のアートの世界観、そして未来のビジョンについて伺います。(Excerpt from the text)

Featured on MODERN LUXURY, Dec, 2018

Pace Gallery - teamLab 2018

Pace Gallery opening reception was held on Wednesday, November 14 presenting the innovative work of teamLab in the interdisciplinary collective’s second San Francisco Bay area exhibition. teamLab: Continuous Life and Death at the Now of Eternity will be on view in Pace’s downtown Palo Alto gallery from November 15, 2018 through January 13, 2019. The exhibition features six monitor works in various scales. Each work embodies teamLab’s long-standing interest in the possibilities and meaning of what they call ‘Ultrasubjective Space,” the shallow spatial structure of traditional Japanese painting. (Excerpt from the text)

Featured on SAISON PLATINUM AMERICAN EXPRESS, Dec, 2018

すべては共創から生まれる 専門家集団が創造するデジタルアート

すべては共創から生まれる
専門家集団が創造するデジタルアート
「細かなプロセスは違っているとしても、グローバルなプレーヤーたちはほぼほぼすべて、チームでつくっているんです。世界中の有名なアーティストにしても、事実上は集団による制作をしています。チームラボは、チームでつくることにこだわっているというより、作品の特性上そうせざるを得ない。またそれが、今の時代なんです。」(Excerpt from the text)

Featured on ARTFORUM, Dec, 2018

teamLab

The Tokyo-based interdisciplinary group teamLab comprises hundreds of artists, designers, and programmers, whose interests span from simulations of food to what they call “ultrasubjective space,” an interpretation of the decentered, shallow perspective of historical Japanese painting that offers a counterpoint to Western perspectivalism and its static relationship to the viewer.(Excerpt from the text)