IR(Interconnected Reality:接続現実)

2020


チームラボは、人々を取り囲む現実空間と個人が持つデジタルデバイスが相互に影響を与え合うテクノロジー“IR(Interconnected Reality:接続現実)”を提唱する。
IR(接続現実)は、スマートフォンなどの個人の持つデジタルデバイスを用いて、人々が肉眼で見ている現実空間に変化を起こし、また現実空間での変化が個人の持つデジタルデバイスに影響を与え合う。チームラボは、スマートフォンのカメラで見ている場所に、現実空間で変化を起こすテクノロジーを開発し、特許を取得した。

従来のAR(Augmented Reality:拡張現実)は、人々がデジタルデバイスのディスプレイを通して見た現実世界のみが変化する。IR(接続現実)は、人々が肉眼で見ている目の前の現実世界が、デバイスを使った人々の行為によって影響を与え合い、変化し続ける。

例えば、2020年7月に福岡にオープンした、BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)内に常設の新ミュージアム「チームラボフォレスト」の《捕まえて集める森》は、IR(接続現実)を用いたアプリ「Catching and Collecting Forest」を使い、作品に参加することができる。
現実空間の壁に映っている動物をアプリのカメラで見て、「観察の矢」をスワイプして投げ込むと、カメラで見ている場所へ現実空間で「観察の矢」が飛んでいく。「観察の矢」が動物に命中すると、動物は現実空間の壁から消え、自身のスマートフォンに入っていく。
捕らえた動物は、アプリのカメラで見えている壁に投げ込むと、スマートフォンから解き放たれ、現実空間のその場所(壁)に戻り、ふたたび現実空間を歩き始める。

今後の社会において、街などの現実空間は、デジタルメディア化していくであろう。IR(接続現実)は、個人の持つデジタルデバイスが、街と相互接続し、相互に影響を与え、個人が街に変化を与える可能性があると考えている。