5 of 19

増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

現実世界と同じ時間の流れの中で、花々は季節とともに移り変わっていく。
花々が誕生と死を繰り返しながら、増殖と死滅を繰り返す。そして、人々が花々にふれると、花々は散って死ぬ。

人々が存在する現実の時間、花の生死が繰り返されていく時間、それぞれの異なる時間が、身体、そして作品世界に接続したまま、交差し重なり合う。作品空間は、異なる時空が重なり合う。

花々の空間は、チームラボが考える「超主観空間」によって切り取っているため、レンズやパースペクティブによって切り取った空間とは違い、鑑賞者は視点が固定されず、身体が自由になる。そして、花々が映し出された壁は、我々と作品との境界面にならず、花々の作品空間は、人々の身体のある空間と連続する。