群蝶、儚い命 - A Whole Year per Year / Flutter of Butterflies, Ephemeral Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

群蝶、儚い命 - A Whole Year per Year / Flutter of Butterflies, Ephemeral Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

「群蝶図」。この空間に人々が誰も入らなければ、この空間は、真っ暗で何も存在しない。人々がこの空間の中に入り、じっと静かにした時、群蝶は人々の足元と壁に触れた手から生まれ、空間の中を舞う。群蝶は、人々が触れると死んでいく。


この空間には、人々が生んだ蝶だけが舞う。人々が生んだ蝶よりも、人々によって死んだ蝶の方が多ければ、この作品はなくなってしまう。


作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として、以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。