空書 反転無分別と鶴 - 伊丹 Blue Light, 昼夜 / Spatial Calligraphy, Reversible Rotation and Crane - Itami Blue Light, Day & Night

teamLab, 2019, Digital Work, Single channel, Continuous Loop

PLAY MOVIE

空書 反転無分別と鶴 - 伊丹 Blue Light, 昼夜 / Spatial Calligraphy, Reversible Rotation and Crane - Itami Blue Light, Day & Night

teamLab, 2019, Digital Work, Single channel, Continuous Loop

書かれた「空書」は作品空間の中を全て同一方向に回転しているが、「超主観空間」の特性として、視覚的には、左回転も右回転も論理的に同等となる。そのため、意識によって、書は、左回りにも、右回りにもなる。

「空書」とは、空間に書く書。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築し、チームラボの「超主観空間」の論理構造によって2次元化している。書は平面と立体との間を行き来する。

作品は、日々の日の出とともに明るくなり、日の入りとともに暗くなっていく。夜、書は暗闇の中で青色の光となって輝き出す。