百年海図巻 [上映時間: 100年] / 100 Years Sea [running time: 100 years]

teamLab, 2009, Digital Work, 5 channels, 100 years

百年海図巻 [上映時間: 100年] / 100 Years Sea [running time: 100 years]

teamLab, 2009, Digital Work, 5 channels, 100 years

『百年海図巻 [上映時間: 100年]』は、上映時間が100年の映像作品。WWFの2009年に発表した予測に基づき、一世紀後に向け上昇してゆく海面を2109年までの100年間実寸の時間で上映し続ける。 2009年に生まれたこの映像は、生まれた瞬間から現実の海とパラレルな世界になる。100年後、私たちが『百年海図巻』を見たとき、現実の海は、どんな様子だろうか。私たちが予想するよりも凄惨な海なのか、穏やかな海なのか。作品の海はその時がくるまで上昇し続ける。 古典的な日本美術の波は、よく線の集合で表現される。そして、その線の集合には、波や海が一つの生き物かのように、どこか生命を感じる。それは、彼らには、自然に対して畏敬の念のようなものがあり、波や海が一つの生命に見えたからではないか。そして、彼らには実際、古典的な日本画のように世界が見えていたのではないか。常識によって固定化された現代の客観的世界と、かつて私たちが見ていた主観的世界を再び統合的なものにする。そのような考えの基、3次元空間上に立体的に構築された波を、チームラボの超主観空間によって映像化した作品。