14 of 19

すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field

teamLab, 2016-, Interactive Digital Installation

すべって育てる! フルーツ畑 / Sliding through the Fruit Field

teamLab, 2016-, Interactive Digital Installation

さまざまなフルーツが育つすべり台です。


坂には、いろいろなフルーツが育っています。そして、ボールが飛びまわっています。

人は、太陽の光になって坂をすべります。体がボールにぶつかると、太陽の光のエネルギーをもらったボールは、勢いよく飛んでいきます。勢いよく飛んだボールがぶつかることで、フルーツは育っていきます。

ボールは色によってそれぞれ役割をもっています。

水色の水のボールが当たると、種は、芽を出し、つぼみをつけ、花を咲かせます。

黄色のミツバチのボールは、花に当たって受粉していきます。花は受粉されてフルーツになります。

フルーツにボールが当たると、新たな種がまかれていき、次の命へとつながっていきます。

作品の背景

くだものとミツバチの関係

  • くだものがなる植物には花が咲きます。花の蜜はミツバチなどの多くの昆虫たちの食べものになります。くだものがなる植物のほとんどは昆虫に花の花粉を運んでもらわないと、くだもの(つまり種)を作り、新しく生まれて数を増やすことができません。ミツバチや蝶などの多くの昆虫は植物と関わり合って生きています。

  • このように違う生きものが、お互いに関わり助け合いながら生きることを「共生」といいます。

遊び方

  • 1

    すべり台をすべります。

  • 2

    体がボールにぶつかると、ボールは勢いよく飛んでいきます。

  • 3

    勢いよく飛んだボールが、種や花など植物にあたっていくことで、植物が育っていきます。

  • 4

    水色のボールは、水。
    黄色のボールは、ミツバチ。
    黒色のボールは、汚染されたゴミ。種を消してしまいます。

育む力

  • 生態系への視座
  • パターン認識力
  • 仮説を自ら検証する力
  • バランス感覚
  • 協調性