花と屍 剝落

"teamLab, 2012, Digital Work, 19min 25sec (loop) "

花と屍 剝落

"teamLab, 2012, Digital Work, 19min 25sec (loop) "

日本の先人達がどのように世界を捉えて、空間を認識していたか、『超主観空間』のコンセプトのアニメーション作品。3次元空間上に立体的に構築した世界を、日本の先人達の空間認識によって、論理的に平面化している。自然と文明の衝突、循環、共生をテーマにした絵物語のアニメーション作品。アニメーションの表面が剥がれ落ち、作品の裏側が見えていきます。

超主観空間