花と屍 アニメーションのジオラマ / Flower and Corpse Animation Diorama

teamLab, 2008, Digital Installation, LED, 12 channels, 12 min 28 sec (loop), H: 2700 mm, Sound: Haleo Shiiya (Sound Director) + Shigetake Ao (Compose & Mixing & Recording) + Keiichiro Shibuya (The third term music) + Fuyuki Yamakawa (Khoomei) + Shuri (Voice) + Tomoko Takeda (Shinobue) + Tetsuro Naito (Wadaiko) + Koyasan Shingon Buddhism Sohonzan Kongobuji, Koyasan Wakayama (Field REC)

花と屍 アニメーションのジオラマ / Flower and Corpse Animation Diorama

teamLab, 2008, Digital Installation, LED, 12 channels, 12 min 28 sec (loop), H: 2700 mm, Sound: Haleo Shiiya (Sound Director) + Shigetake Ao (Compose & Mixing & Recording) + Keiichiro Shibuya (The third term music) + Fuyuki Yamakawa (Khoomei) + Shuri (Voice) + Tomoko Takeda (Shinobue) + Tetsuro Naito (Wadaiko) + Koyasan Shingon Buddhism Sohonzan Kongobuji, Koyasan Wakayama (Field REC)

12シーンからなり、「自然と文明の衝突、循環、共生」をテーマにした絵物語。 コンピューター上の3次元空間に立体的に作品世界を構築し、その中に12の視点を置き「超主観空間」で映像化している。展示空間に配置した12台のスクリーンは、作品世界に配置した12の視点と相対的に同じ位置関係に配置している。 「超主観空間」は視点の四方の空間を切り取るため、複数の視点で作品空間を切り取り、展示空間へ複数のスクリーンで立体的な展示をすることで、現実空間に作品世界を重ね合わせることを試みている。