共鳴する茶 - 動的平衡色 / Tea in Spontaneous Order - Dynamic Equilibrium Color

teamLab, 2021, Interactive Installation, Endless, Sound: teamLab

共鳴する茶 - 動的平衡色 / Tea in Spontaneous Order - Dynamic Equilibrium Color

teamLab, 2021, Interactive Installation, Endless, Sound: teamLab

一服の茶を点てると、茶は固有のリズムで音色を響かせて光りはじめ、近くの《共鳴する浮遊ランプ》や他の茶の光と引き込み現象を起こしていく。ランプや茶の光のリズムは、近くの光のリズムと影響を与え合う。新たに加わった茶の光のリズムが影響を与えるのは、近くのランプや茶だけだが、近くのランプや茶のリズムが変化することで、またその周辺にも影響を与え合い、全体のランプや茶の光のリズムは、バラバラになっていく。茶は飲もうとして持ち上げると、また、ランプは揺れると、それぞれ固有のリズムに戻る。
誰もが、茶もランプも動かさずにしていると、近くの光同士が影響を与え合うことによって、バラバラだったランプと茶の光のリズムは、だんだんと、はじめとは違ったリズムとなって揃っていく。
茶を飲みほすと光は消え、周囲に影響を与えなくなる。

茶の光は、持ち上げるたびに、チームラボが提唱する新しい概念の色「動的平衡色 / Dynamic Equilibrium Color」の4色で変わっていく。凝視して茶を見た時、つまり、極小で見ると、時間の概念を持ち、常に変化していくが、遠くから茶を見た時、つまり、全体で見ると、時間の概念を持たず、変化しない。

引き込み現象とは、異なるリズムが互いに影響を受けてそろっていくこと。壁に掛かった二つの振り子時計の振り子、ホタルの集団発光、心臓細胞の律動など、物理現象、神経生理、生命系や生態系など多様な系で見られる。個々が、全体を俯瞰する能力を持たないのに関わらず、個々の自律的な振る舞いの結果として、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象である自己組織化であり、自発的秩序形成とも言える。