NEWS

Featured on 中工文化, Nov 10, 2020

美术馆里听古典音乐,可以这么“炫”

指尖有蝴蝶飞过,耳畔有巴赫响起,光影与音乐交织,为观众带来全新艺术体验。11月6日-7日连续两晚,上海交响乐团首度联手全球第二座数字艺术美术馆“无界美术馆”,不设舞台,在科幻互动光影中为观众“零距离”带来莫扎特、圣-桑、德彪西等大师经典。
  teamLab无界上海是根据teamLab艺术团队的作品群打造的“没有地图的美术馆”。上海交响乐团乐手走进“无界美术馆”的五个作品空间,根据不同作品空间的艺术理念、呈现形式、情绪表达来选择乐器,设定风格与之相融的表演形式和曲目,为观众准确而极致地传递艺术与情感。

Featured on 中工文化, Nov 8, 2020

在美术馆与古典乐“不期而遇”

在大提琴的沉吟中感受“光之雕刻”的璀璨,在《绿野仙踪》中探索“灯之森林”的奥秘,在高山流水的意境里找到属于自己的“秘密花园”。昨晚,上海交响乐团首度联手全球第二座数字艺术美术馆“无界美术馆”,在科幻互动光影中开启两场“沉浸”式演出。演奏家们拿起大提琴、长笛、单簧管……让音符勾勒出无形的动线,用旋律描绘出一幅可以听的“导览图”,让市民观众体验一场充满冒险和惊喜的美术馆之旅。(Excerpt from the text)

Featured on 北京新浪網, Nov 7, 2020

上海交響樂團在網紅美術館「造夢」

原標題:上海交響樂團在網紅美術館「造夢」
指尖有蝴蝶飛過,腳下有向日葵盛開,遊走於全球第二座數字藝術美術館—— 無界美術館,觀眾就像身處「盜夢空間」,在不同的夢裡逡巡。
在上海落成以來,這座夢一樣的美術館儼然成了「網紅」,每天吸引無數潮人前來打卡。(Excerpt from the text)

Featured on 新民, Nov 6, 2020

摸得到的音乐会,可以听的美术馆!上海交响乐团和“无界”的这次携手,绝了

在大提琴的沉吟中感受“光之雕刻”的璀璨,在《绿野仙踪》中探索“灯之森林”的奥秘,在高山流水的意境里找到属于自己的“秘密花园”。今晚,上海交响乐团首度联手全球第二座数字艺术美术馆“无界美术馆”,在科幻互动光影中开启两场“沉浸”式演出。演奏家们拿起大提琴、长笛、单簧管……让音符勾勒出无形的动线,用旋律描绘出一幅可以听的“导览图”,让市民观众体验一场充满冒险和惊喜的美术馆之旅。(Excerpt from the text)

Featured on AXIS Web Magazine, Oct 30, 2020

チームラボ、パブリックアート作品を マンハッタンの高層ビルに常設展示

アート集団 チームラボは、パブリックアート「Continuous Life and Death at the Now of Eternity II, Grand Central Terminal」を米ニューヨーク市で2020年9月に公開した。常設として、マンハッタンの新しい高層ビル「ワン・バンダービルト」に展示されている。
誕生と死滅を永遠に繰り返し続ける花々が描かれた作品世界は、マンハッタンの日の出とともに明るくなり、日の入りとともに暗くなっていくそうで、1年を通して、咲いていく花々は移り変わっていくという。(Excerpt from the text)

Featured on テレ朝NEWS, Oct 30, 2020

チームラボ・猪子寿之氏「分断で何も解決しない」

『未来をここからプロジェクト』。報道ステーションでは『未来を人から』と題しまして、5日間連続で、時代の最先端を行く人たちに“未来”について聞いています。最終日の30日は、アート集団『チームラボ』の代表・猪子寿之さん(43)です。猪子さんは“ボーダレス・境界のない世界”をテーマに、デジタル技術を駆使した作品で、世界中の人々を魅了し続けています。(Excerpt from the text)

Featured on テレ朝ポスト, Oct 30, 2020

「世界に境界がないことをウイルスに教えられた」ボーダレス掲げるチームラボ・猪子寿之が描く未来

テレビ朝日が“Withコロナ時代”に全社を挙げて取り組む初の試み『未来をここからプロジェクト』。
本プロジェクトの先陣を切る『報道ステーション』では、10月26日(月)〜30日(金)の5日間にわたり、「未来への入り口」というコンセプトのもと、多岐にわたる分野で時代の最先端を走る「人」を特集する新企画『未来を人から』を展開している。
第5回に登場したのは、アート集団「チームラボ」代表の猪子寿之(いのこ・としゆき)氏。(本文抜粋)

Featured on The Tokushima Shimbun, Oct 26, 2020

Withコロナを生きるVol.5 猪子寿之さん(チームラボ代表)

 さまざまな分野で日本を代表する徳島ゆかりの皆さんにインタビューしているシリーズ企画。最終回の5回目は、チームラボ代表の猪子寿之さんです。
猪子寿之さん(チームラボ代表)
―新型コロナウイルス感染症がパンデミック(世界的大流行)を引き起こしました。
今春はマカオで新たな常設展の準備をしていました。未知の感染症により欧米諸国が次々とロックダウン(都市封鎖)していくのを目の当たりにして、恐怖でした。世界はどうなってしまうんだろうと。自分たちがやっている活動への無力感もありました。

Featured on Florida Daily Post, 2020/10/26

Superblue: Large-scale experiential art coming to Miami

With the rise in popularity of art that is immersive and interactive and the success of Infinity rooms, Miami is set to be home to the world’s first venue that brings top artists’ work to walk-in life. Launching December 22, Superblue promises a dynamic showcase of large-scale experiential artworks, from newly-created works to iconic installations. (Excerpt from the text)

Featured on VOS, Oct 24, 2020

Instalación artística que responde al movimiento humano: Megaliths de teamLab en Japón

En esta nueva instalación que es parte de A Forest Where Gods Live, consiste en unas rocas megalíticas que emergen de la tierra y cambian continuamente gracias al movimiento de las personas. “Cada momento es único y nunca más se podrá volver a ver”, dicen los artistas.
Este colectivo de arte interdisciplinario e internacional de teamLab ya nos tiene acostumbrados a esto, por ejemplo, con el Mori Building Digital Art Museum en Tokio como muestra permanente, le mostraron al mundo como realizar instalaciones artísticas que pudieran ser una experiencia única para cada persona que la vea, sienta y toque. Completamente inmersiva. (Excerpt from the text)