小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

茶を点てると、茶碗の中に花々が生まれ咲いていく。茶碗を手に取って動かすと、花は散り、花びらは茶碗の外へと広がっていく。茶碗の中に茶がある限り、花々は、また生まれ咲き続ける。 茶碗の中に茶が存在して初めて作品が生まれる。茶を飲み干し、茶がなくなると、作品は存在しなくなる。 茶は液体であり変容的な存在であるため、茶碗の中の茶の量によって、茶の水面の大きさも変わっていく。そして、それに合わせて、生まれる花の大きさも変わっていく。お茶が茶碗からこぼれたなら、そこにまた、花々が咲いていく。 花は、一年間を通して、その月のその地域の花々が咲いていく。 作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。