グラフィティネイチャー: 埋もれ失いそして生まれる / Graffiti Nature: Lost, Immersed and Reborn

teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

PLAY MOVIE

グラフィティネイチャー: 埋もれ失いそして生まれる / Graffiti Nature: Lost, Immersed and Reborn

teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

人々が描いた様々な生きものたちによって、創られていく1つの生態系。あなたが描いた生きものも、その生態系のどこかにいる。


生きものたちは、他の生きものを食べたり、食べられたりしながら、共に同じ1つの生態系をつくっている。

描いて生まれた生きものは、他の生きものを食べると、増えていく。生きものたちは、他の生きものに食べられたり、他の生きものをしばらく食べることができないと死んでいなくなる。 

花は、人々がじっとしているとたくさん咲き、人々が踏んで歩き回ると散っていく。蝶は、花がある場所で増え、そして、ワニは、人々にたくさん踏まれると死ぬ。


人々は、他者と共に作品の一部となり、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変え、そして私たちと世界との、境界のない新しい関係を模索する。

作品の背景

生態系

  • 地球上には、約1000万以上の種類の生きものがいると考えられています。ひとつひとつの生きものは、ほかの生きものと関わり合いながら生きています。 植物は、雨や地面や太陽の光(光合成)などから生きるための養分をつくります。 その植物を動物が食べます。また、その動物を食べる動物もいます。 動物が死ぬと、微生物が細かく分解していき、それを養分として植物が取り入れるのです。

  • 生きものたちと、それらの生きものたちが生きる自然環境をあわせて「生態系」といいます。生態系では、それぞれの生きものが、それぞれの役割を持っています。ですから、気候の変化や人間の活動によって、ある生きものの数が大きく増えたり減ったりすると、生態系が乱れて、ほかの生きもの全体に影響が出ます。