増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year / Proliferating Immense Life - A Whole Year per Year

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

現実世界と同じ時間の流れの中で、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。花々は誕生と死を繰り返しながら、増殖していく。増殖しすぎると、いっせいに散って死んでいく。


また、人々が花々にふれると、花々は散って死んでいく。

そして、他の作品に影響を与えたり、他の作品の影響で散ったりもする。例えば、「Walk, Walk, Walk」の肖像群が歩いて来るといつもより咲きやすく、また、花々が咲いた場所は、他の作品世界を覆い隠したりする。


作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は2度と見ることができない。