つながる!積み木列車 / Connecting! Train Block Future Park 未来の遊園地

teamLab, 2013-, Interactive Digital Installation, Wooden blocks, Sound: Hideaki Takahashi

PLAY MOVIE

youku

つながる!積み木列車 / Connecting! Train Block

teamLab, 2013-, Interactive Digital Installation, Wooden blocks, Sound: Hideaki Takahashi

積み木を並べて、列車や車が走る街を作ります。

積み木の色によって、線路や道路ができ、色々な積み木を置く事で、列車や車が走り、街は発展します。同じ色の積み木を繋げていくと、乗り物は進化します。例えば列車は、普通列車からはじまり、最終的には最新型の列車を走らせることができます。

作品の背景

都市の発展と輸送

  • 街から街へと、農作物や荷物を運ぶことが、人類の発展には大切でした。
    昔は、陸に道をつくり、人や馬などで運んでいました。けれども、それらより輸送力がある船によって荷物を運ぶために、川を利用するようになりました。川によって街と街がつながったことで、それぞれの街は発展していったのです。
    近代になり、人類はより新しい輸送手段を持ちたいという想いから、列車が走れる鉄道をつくったり、車が走れる道をつくったりして、街と街をつないでいきました。