NEWS

Featured on TdAic, June 5, 2012

現代テクノロジーとアートの超未来: チームラボ

 国立台湾美術館の要請により、日本東京で活躍しているteamLabが今年再度台湾に展覧会を開きに来ました。「We are the Future(藝術超未来)」をテーマにした今回のデジタルテクノロジー展覧会は、現在国立美術館デジタル方舟館及び竹林内ホールにて展示をしています。今回台湾digiarts.org.tw(數位藝術知識與創作流通平台)は特別にteamLab創設者・猪子寿之に独占インタビューをしました。彼の会社の紹介と、彼のアート、デザイン、テクノロジーと業界の融合に対する考え方について、聞いてきました。

Featured on TVBS, May 30, 2012

〈スクープ〉革新的!100台以上の携帯電話が一斉に演奏 大所帯楽団に変身

日本のクリエイティブデザインチームが、アートとテクノロジーを融合した作品を創作して、台湾で展示会を開きました。 そのうちの一つの作品は100台以上のスマートフォンを使って、楽団を組みました。人間が近づくと、スマートフォンが感知し、中の演奏家が演奏を始めてしまいます。これら100台以上のスマートフォンが真っ黒な木製小部屋に設置されているため、よく見ておかないと、スマートフォンであることに気付かないだろうと思います。 日本ダンサー達は音楽に伴って、踊っています。ある人達が伝統的な踊りをしていて、ある人達が楽器の演奏をしています。暗闇の中で、100人超えの団体が演出しているように見えますが、実はすべでの人間がスマートフォンになっています。 彼らは一つの木製の黒箱の中に設置されていて、バッテリ切れで充電せざるを得ない状況を除けば、目の前に現れているのが百人の大楽団そのものです。デザイン会社の社長である猪子寿之が通訳に、「無線技術を通して、スマートフォン同士間のコミュニケーションがちゃんとできるようになっている」と紹介しています。 日本のクリエイティブデザイン会社が、台湾大手スマートフォンメーカーとパートナ関係を築き、100台以上のスマートフォンを提供してもらい、伝統芸術と現代スマートフォンのテクノロジーを融合させ、日本伝統の踊りと楽器演奏を現代テクノロジー化にしてきました。展示場運営関係者Emmaさんによりますと、「我々観客が近付いて行くと、これら伝統の日本音楽芸術家達が演奏を始めると同時に、前から後ろへ伝達していくのがわかります。」 芸術家達は怠ける時もあります。観客が離れていくと、彼らは楽器を手から離し、こっそり休憩を取っています。観客が来るのを感知すれば、再度演奏や踊りを始めていくので、アートにテクノロジーを取り込めば、実用性を高めると同時に、未来を越えていきます。

Featured on SANKEI SHIMBUN CO.,LTD., May 26, 2012

日本のデジタルアートを披露 「芸術超未来」展が台湾で開幕

日本のクリエイティブデザインチームが、アートとテクノロジーを融合した作品を創作して、台湾で展示会を開きました。 そのうちの一つの作品は100台以上のスマートフォンを使って、楽団を組みました。人間が近づくと、スマートフォンが感知し、中の演奏家が演奏を始めてしまいます。これら100台以上のスマートフォンが真っ黒な木製小部屋に設置されているため、よく見ておかないと、スマートフォンであることに気付かないだろうと思います。 日本ダンサー達は音楽に伴って、踊っています。ある人達が伝統的な踊りをしていて、ある人達が楽器の演奏をしています。暗闇の中で、100人超えの団体が演出しているように見えますが、実はすべでの人間がスマートフォンになっています。 彼らは一つの木製の黒箱の中に設置されていて、バッテリ切れで充電せざるを得ない状況を除けば、目の前に現れているのが百人の大楽団そのものです。デザイン会社の社長である猪子寿之が通訳に、「無線技術を通して、スマートフォン同士間のコミュニケーションがちゃんとできるようになっている」と紹介しています。 日本のクリエイティブデザイン会社が、台湾大手スマートフォンメーカーとパートナ関係を築き、100台以上のスマートフォンを提供してもらい、伝統芸術と現代スマートフォンのテクノロジーを融合させ、日本伝統の踊りと楽器演奏を現代テクノロジー化にしてきました。展示場運営関係者Emmaさんによりますと、「我々観客が近付いて行くと、これら伝統の日本音楽芸術家達が演奏を始めると同時に、前から後ろへ伝達していくのがわかります。」 芸術家達は怠ける時もあります。観客が離れていくと、彼らは楽器を手から離し、こっそり休憩を取っています。観客が来るのを感知すれば、再度演奏や踊りを始めていくので、アートにテクノロジーを取り込めば、実用性を高めると同時に、未来を越えていきます。

Featured on TV Bros. , Feb 29, 2012

世界を「電脳化」するウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表・猪子寿之


2012年の今、時代はインターネットをはじめとした情報化社会に突入して久しい。そんな日進月歩で変容を続ける世界を飄々と飛び回り、デジタルを駆使した技術とセンスで“おもしろおかしく”世の既成概念を破壊する集団がチームラボであり、代表の猪子寿之その人だ。彼が今なにを考え、なにを試みているのか。彼の目に映る景色を少しでも共有すべく、前日に引越しを終えたばかりだという、東京・本郷にある新オフィスを訪ねた。

Featured on Numero TOKYO, Apr, 2012

「東京カルチャーランド」個人の想い×ソーシャルな連想で捗る未来! チームラボ社長・猪子寿之インタビュー

中学生にして「日本を再生しろ」という電波を受信し、東大在学中に“ウルトラテクノロジスト集団”チームラボを設立、『朝生』出演など、型破りの言動で注目を集める異才——猪子寿之。先のまた先を行くその目に映る、東京カルチャーの趨勢とは?